経理のコツ

経理処理には、手間やコストを省く、正確性を保つなどの観点で、色々なコツがあります。このコーナーでは、そのコツについて、どうしてそうした方が良いのかという理由と、効果を最大化する具体的な実行方法をお伝えします。

インターネットバンキングを使おう

経費の振込のために銀行へ行かなくてすむとしたら、仕事はラクになりますか?

銀行の窓口やATMで待たされた経験は、どなたでもあると思います。月末の忙しいときにソファーに座ってじっと待つ、ATMの行列に並んで前の人の振込が長いのにイライラする。やっと順番が回ってきて、通帳記入してみると得意先からは入金されておらず、もう一度列に並び直す・・・。

こういった無駄な待ち時間を解消するのがインターネットバンキングです。インターネットバンキングは、手元のパソコンのブラウザから、銀行のATMを扱うのと同じような操作ができます。振込、振替、残高確認、明細確認などの機能を持っており、いつも使う振込先を登録しておいたりすることもできます。自分のパソコンからアクセスするので、窓口やATMのように並んで待たされることもありません。また、振込先の口座番号を間違えるなどといったミスも少なくなります。銀行や支店の統廃合などによる相手口座の変更も、登録した口座データが自動的に書き替わるので、突然振込ができなくなってまごつくこともありません。

また、振込の際に便利な機能がいくつかついています。登録してある振込先をグループ化して、振込データを一括して入力することや、こういったグループを複数作ることができます。振込の事前予約なども可能なので、振込日当日に時間を取れない場合でも大丈夫です。振込にかかる手数料は、多くの場合、窓口やATMよりも安くなっています。

複数の口座を登録すれば、口座間の振替による資金移動も可能です。

口座の内容はほぼリアルタイムで反映されるので、入金や自動引落の確認も随時、しかも繰り返し行えます。窓口やATMよりも対応時間帯が長いので、店舗営業時間外での口座確認も可能です。

通帳と同じ内容のデータを見ることができて、さらにそのデータをプリントアウトしたり、PDFファイルやCSVファイルなどの形式で保存することもできます。中には、会計ソフトなどと連動しているものもあるようです。

さらに、振込データを入力する人と管理者の権限が分けられていて、経理担当者が入力した振込内容を管理者が承認するなどといった、組織内での利用にも配慮された機能もあります。

インターネットバンキングには、法人向けのものと個人向けのものがあり、機能や料金が異なります。使うのが法人なのか個人事業主なのかで選択することになります。法人向けでは基本料金がかかりますが、個人向けでは利用状況によって無料になったりする場合もあります。また、携帯電話からの振込や口座照会に対応しているものもあります。

以上、インターネットバンキングについて説明してきましたが、オンラインバンキング(ブラウザではなくて専用ソフトを使って金融機関にダイヤルアップで直接接続するタイプ)でもほぼ同じことができます。コストは銀行によって違いますが、一般にインターネットバンキングの方が安いことが多いようです。

今日のポイント

・インターネットバンキングを使うと、待たされることがない
・登録やグループ化の機能を使えば振込が短時間で正確に行える
・インターネットバンキングは、振込手数料が安いことが多い
Copyright(c) 2000-2022 Back Office Inc. All Rights Reserved.